スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
里帰り
2007 / 09 / 25 ( Tue )
DCF_0317-65.jpg


この連休中、私は一人で、何年かぶりに実家に里帰りしました。
私の心配など無駄なくらい両親は元気で、まずは安心。
母はまた来月立山に、80歳を過ぎた父も毎日自転車で河川敷を散歩してます。
父と母、仲がいいのか悪いのか・・相変わらずああだこうだ言いながらも、
二人で三食きちんと食べ、早寝早起きの毎日です。
おかげで二人とも特に病気も無く、薬無用の健康体。
介護の話を沢山聞く今、これは本人だけでなく周りにも幸せなことで
有難いと思っています。

築40年の木造の家は古くなってはいるものの、床や柱に光沢が出てきており、白い壁紙に囲まれたマンション住まいの私にはその落ち着きと温かみにほっとさせられます。
懐かしい町並みは、新潟の発展に取り残され寂れるばかりで、若者が都会へ流れ活気がなくなっていましたが、
うんざりする様な東京の喧騒を思うと、きれいな空気と静かさは心を癒してくれます。
田舎があるっていいなぁ~と改めて実感。

一人で帰った私は、久しぶりに、主婦・母・嫁を忘れ、自分が育った家で心も体もほんとうにのんびりすることができました。
そして何よりも、昔と変わらずに元気で私を迎えてくれる両親が居ることに感謝してきました。

そしてまた東京、何かずっと久しぶりな感じがするのですが・・・
お彼岸が過ぎてだいぶ涼しくなったような気がします。

昨日は地元の天満宮の秋祭りで、お神輿や獅子舞で町は賑わっていました。
もう秋ですね。。。。

DCF_0311-65.jpg


DCF_0316-65.jpg


スポンサーサイト
16 : 07 : 15 | 日常のあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
まだまだ夏休み・・(-"-;)
2007 / 09 / 15 ( Sat )
まだ残暑とはいえ少しずつ秋らしくなってきたこの頃です。
以前秋のGWの話題が出たことがあるくらい、これから11月初めまでは何と祝日の多いことか・・・
サラリーマンはお休みが多くていいのでしょう、私もOL時代であれば、沢山のお休みを満喫してさぞかしルンルン気分だったと思いますが、今主婦となってこれほど厄介なことは無いわけで、みんながのんびりする姿を横目で見ながら、おさんどんに追われています。
おまけに主人は夏休みの未消化分を9月に回し、月半分がお休み。息子は9月末まで、娘は10月半ばまで夏休みと来たひにゃ・・・未だに我が家は夏休み続行と言う感じですから、残暑に輪をかけてうっとうしい毎日です。
それでも家が賑やかなのは良いことで、「忙しい、忙しい」と言いながらも何か張り合いを感じるのは、そろそろ私の人生も秋を迎えたと言うことなのかもしれません。
それに、皆が元気だから忙しくても楽しいのでしょう。
20年来沢山の成人病を抱えていた主人は、先日の検査で、糖尿病も治り尿酸値以外はすべて正常値と言うびっくりするような回復振りで、私も肩の荷が降りた思いです。おかしな話ですが、病気が悪い時より良くなってきた今になって、食べ物やお酒に気をつけたり散歩したり、(私にしてみればもっと早くに治して欲しかったのにと思うのですが・・)健康に気を遣うようになりました。さては、長生きしたくなったのかな??( ̄m ̄* )ムフッ♪
高校時代後半から神経症を患い、家族皆で心から心配していた娘も、大学生活にも慣れ、病気の心配も殆ど無くなって、以前のように沢山おしゃべりしたり友達と遊びに出たり、屈託の無い笑顔を取り戻しています。辛い時期を乗り越えて、ひとつ大人になったような気がします。
一方息子は先日専攻学科が決まり、改めてこれからの目標に張り切っています。これでひと段落、私もほっとしました。
これまで我が家ではいろいろと大変なことばかりでしたが、ひとつずつ心配事もなくなり、やっとこの頃気持ちの余裕が出来たと感じます。

本当に平坦な人生と言うのは無いものですね。
つくづく、人生は長いものだと感じます。
14 : 29 : 57 | 日常のあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
『空』のフォトカード
2007 / 09 / 10 ( Mon )
従姉妹が癌で入院していると知ったのは春の事でした。
アレンジメントフラワーの仕事で年末年始は忙しく飛び回っている為、いつも私が年賀状を出しても向こうからは来なかったり、かなり遅くに届いたりしていたのに、今年はお正月に届いたので珍しいなぁと思っていたのですが、ある時実家の母との電話の際に、彼女が癌で昨年の冬から入院していると知らされました。
50代半ばでこれからまだまだ人生を楽しもうという矢先に、運が悪いとしか言いようがありません。
お見舞いは、病院にいく丁度良い機会も無く、お手紙を出したままで
そして春が過ぎ暑い夏も過ぎてしまいました。

癌の治療がどんどん開発され、癌を克服し元気に暮らしている人も多いと聞く昨今、時折母から様子を聞くと、彼女も入院したり暫くは家で様子を見たりしながら治療を続けている様子。
先月、彼女から葉書が届き、お見舞いのお礼と日々病気が善くなる様に頑張っている由書いてありました。
その印刷された『空』の画像が心に痛く、癌に負けないできっと善くなる様にとただただ祈る想いでした。

02 : 48 : 48 | 日常のあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
長い夏休み
2007 / 09 / 09 ( Sun )
9月に入りあの猛暑は去ったようですが、まだ暑い日が続いています。
暑いのは仕方が無いとして、この蒸し暑さはどうしたことか・・、9月はもう少しカラッとしていた様な気がするのですが、秋の涼しさには程遠く感じます。

それにしても大学の夏休みは随分長いもので、こんなにお休みが長いと勉強なんか忘れてしまうのではないか・・と子供たちには余計な心配でしょうけれど、親としてはちょっと不満混じりの夏休みです。
それでもこのたっぷりある休みに、普段やれないことをするのは大いに結構で、運転免許を取ったり、いろいろなバイトをしたり、友達と旅行に行ったり、たまには料理やアイロンかけなど家事をしたり、サークル活動に出掛けたり、、、、長いお休みも上手に使えば有難いもので、社会人になってからそれらの経験がきっと役に立つことでしょう。
まぁ、できれば私にもせめて3・4日くらいお休みが欲しい・・・というのが本音です。

ところで、娘が最近料理に興味をもつようになり、時々一緒に台所に立つのですが、それが又大騒ぎ、手際の悪さに呆れたり失敗しながらも笑い声が絶えず、私には楽しいひと時です。
今までお手伝いなど殆どせず、家庭科の時間は友達にお任せのまま、「私結婚しないからいいの・・・」と家事には知らん振りだった娘が、毎日お手製のお弁当を持ってくる料理上手の友達ができて、触発されたらしいのです。「持つべきものは友達」・・ということで母としては彼女に大いに感謝。
いつか娘が作ったお夕飯をゆっくりと頂く日が来るのを 密かに楽しみにしています。



15 : 29 : 47 | 日常のあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。