スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
母の日
2007 / 05 / 15 ( Tue )
kansya-p6.jpg


先日は母の日だった。
私の母も義母も新潟に住んでいるので普段はなかなか会えない。
近くに住んでいるのなら一緒に食事に行ったり、たまには温泉に行ってちょっと贅沢にのんびりしてもらいたいと思うが、結婚以来いまだに母の日を一緒に過ごすことは実現していない。結局何かプレゼントを贈ることになるのだが、、、
ほんとうは母と義母への感謝の気持ちは、物を贈ったり何かをしてあげたりしても、それでは伝えきれないほど大きい。
せめて二人の母が これから先もずっと元気で「母の日」を迎えられるように願っている。
今まで心配かけた分、親孝行しなくては・・と思っているのだから。。。

ところで・・
今年は娘から「母の日」に かわいい人形の箱に入った「フレーバーティー」をもらった。
昨年からこの春まで娘はパニック症を病み、母娘ともに辛い時期を過ごしていただけに、元気になった娘からもらったこのお茶がとても嬉しかった。
美味しいクッキーを用意して 娘と二人でゆっくりティータイムを楽しみたいと思っている。
untitled.jpg

◇◇◇ ホームエレクター ◇◇◇


プリザーブドフラワー専門店 AUBE
スポンサーサイト
15 : 27 : 29 | 日常のあれこれ | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
「アイスクリームの日」
2007 / 05 / 09 ( Wed )
今日も好い天気、予報では30℃近くなるらしい。
ところで 今日5月9日は「アイスクリームの日」とのこと。
我が家の冷凍庫には いつも買い置きがあり、誰か外から帰るとチョロッと取り出して食べている。
すこし汗ばむくらいの陽気には、とろっと甘くて冷たい「アイスクリーム」は 疲れと暑さを癒してくれる。
今は、いつでもどこでも欲しいままにアイスクリームが食べられるが、私の子供の頃は冷凍庫などないし どこにでも売っている訳ではないから、今のように手軽に食べられなかった。
アイスクリームで思い出すのは、母に連れられて母の実家に行くとき、駅のホームで木の箱を肩から吊るしたアイスクリーム売りのおじさんが、「ア~イスクリ~~~ン!ア~イスクリ~~ン!」と鼻にかかった声で売り歩いている光景だ。真夏のSLは窓を開けていても暑い。おじさんをじっと目で追っている幼い私と弟に 母は「アイスクリン」を買ってくれ、多分私たちは、目をきらきらさせながら食べていたことだろう。それほどに特別の食べ物だったから・・・。
今はスウィーツ流行でテレビでもいろいろと取り上げられている。庶民的なものから高級品まで、どれを取っても多分舌を鳴らすほど美味しいのだろう。味もさることながら、その姿もかわいくてお洒落だ。
でも、私にとって食べたときの感動というのは、子供の頃に食べたアイスクリームが一番のような気がする。

ところで、この「アイスクリームの日」を記念してイベントを催したり、アイスクリームの無料配布を行っているところもあるそうな・・・、でも、今からではもう遅いかな??・・・(´;ェ;`)ウゥ・・・



12 : 23 : 55 | 日常のあれこれ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
最近・・・
2007 / 05 / 08 ( Tue )
今日の東京は五月晴れ、明るい日差しと気持ちよい風で気分も晴れ晴れする。

4月から新年度がスタートし子供二人が大学生になって、我が家の生活が少し変わった。
大したことではないけれど、朝がだらだらと長い。まず娘が7時にお弁当を持って出掛け、8時に主人、9時半に息子が出掛ける。私は6時に起きて10時頃までうろうろ・・、洗濯物も子供たちが私服になった為、以前より量が増えたし、なんとなくいろんな物が増え片付かない。家族の帰宅時もまたその日その日でいろいろだが、夕飯にみんな揃うことがめっきり少なくなり、何度かに分けて食べる。又、以前は1台のパソコンを4人で取り合うように使っていたが、今では各々がノートパソコンを持つようになって不自由しないが、なんか変。電話も皆携帯を持ち、夫々が自立しているといえばよく聞こえるが、明らかに家族の接点が少なくなった。
とはいえ、まだ家族みんな元気で一緒に暮らしているから、賑やかで張り合いのある暮らしが出来ているのだろう・・・ありがたいことだ。
あと数年後、主人が退職したり、田舎の義母が一人で暮らせない状態になったり、子供が家を出るようになったら我が家も大分変わるだろうな・・そんな事を考えるとちょっと気が重くなり、このまま時が止ってくれたら良いのにと思うこともある。でもまぁ~何とかなるだろうし悪いことばかりでもないだろう、、、夢を持って、今をしっかり生きるまでだ、まだまだ先は長い。

明日は母の誕生日、”折り紙の本”が欲しいとのことだったので先ほど送ってきた。”折り紙の本”といってもさまざまで、母の住んでいるところは大きな本屋さんがないのでこういう特殊な本には不自由する。3冊選んで送ったが、喜んでくれるだろうか? 明日、電話越しに元気な声を聞くのを、今から楽しみにしている。




13 : 04 : 43 | 日常のあれこれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
やっと・・・
2007 / 05 / 07 ( Mon )
やっと長い長いGWが終わった。
子供たちは1・2日は学校があったり、休みといえどやることはいっぱいあって忙しそうだったが、主人はとうとう3・4回の散歩以外出掛けることもなく、テレビの前のテーブルにパソコンを開きゲームをしながら10日間を終えた。よく一日中じっとゲームをし続けることができるものだ・・食事とトイレ以外には立つことがないのに食欲は誰よりも旺盛。身体がおかしくならないのが不思議なくらいだ。気がついたらなんとなくまたふっくらと・・、聞いたら、体重が今年の初めからもう5Kgもリバウンドしている・・とのこと。主人は"いつも仕事で忙しいのだからお休みはゆっくりしたい"と言いたいのだろうが、本当は普段の運動不足を解消するいいチャンスなのに・・もう何を言っても無駄だと私は諦めた。

今年のGWはお天気に恵まれ、洗濯日和の日が多かった。
今の大型洗濯機は毛布や羽根布団・カーテンなども洗えるので本当にありがたい。水洗いしてお日様に当て乾かすと気持ちが良いし、片付ける場合も安心できる。主人がテレビの前に陣取っているのを横目に、私は冬物の片付けと洗濯でストレス解消をした。

ところで、今年のGWは街も結構人出があって賑わっていた。
どこに行くにも車の渋滞と人ごみで、返って近くで楽しむほうがいい。
5日の「こどもの日」、初夏のようなお天気で、私も買い物がてら街をぶらぶら・・ちょうど商店街のイベントで、青空ジャズフェスティバルが催されていた。若者のバンドもあったが、結構シニアのジャズバンドが多く、白髪交じりのおじさん達(失礼)が派手な縞のジャケットを着たり、カンカン帽をかぶったり、なかなかのいでたちで懐かしい曲を演奏している。この街は文化人も多く、結構みんな上手い。駅の脇の広場は沢山の人で埋まり、みんな楽しそうに聴き入っていた。生演奏はやっぱりいいなぁと思いながら、私も暫し家のことを忘れて気持ちよい音の流れに浸って来た。家に帰っても余韻が頭に残っていて、その日一日が楽しいものになり、ささやかだけど心和むGWの締めくくりになった。。。


昨日は立夏、先日も夏日の日があったりして、街はそろそろ初夏の装いである。満開のつつじが眩しい。







11 : 54 : 02 | 日常のあれこれ | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。